念佛宗 【念仏宗】無量壽寺|まなびの泉

念仏宗の総合案内 サイト更新日2020年10月11日

HOME > まなびの泉 本棚 > 本棚78 1頁






 皆さんは、普段から周りの人を思いやった行動ができていますか。家族や友だちが困っていても、面倒くさそうなことだったら、見て見ぬふりをしてしまうことはありませんか。
 反対に、「これをすれば、おこづかいがもらえるから」などと、見返りがあることを期待して、手伝ったことはありませんか。
 私たちはつい、自分の都合で物事を考えがちです。そこで、今回は、自分を勘定に入れず、他を思いやることについて考えてみましょう。

菩薩のあり方

 お釈迦様が、1,250人の比丘と、祇園精舎におられた時のことです。須菩提尊者が、お釈迦様に申し上げました。
「お釈迦様。仏となるためには、どのような心で、どのような行いをすればよいのでしょうか」
 すると、お釈迦様は次のように仰せになりました。
「善きかな。須菩提よ。今、汝に、菩薩がどのような心で、何をすべきかを教えよう。菩薩は、何かにとらわれることなく、布施を行うべきである。もし、とらわれの心なく布施をすれば、量り知れないほどの福徳が得られるであろう」

本棚78 2頁