念佛宗 【念仏宗】無量壽寺|まなびの泉

念仏宗の総合案内 サイト更新日2019年8月11日

HOME > まなびの泉 本棚 > 本棚60 2頁


心を落ち着ける
 皆さんは、楽しくて心がわくわくしたり、反対に、怒って胸の辺りが熱くなり、カッとなった経験はありますか。そのような時、落ち着いて、冷静に物事を考えることは難しいものです。
 若者たちも、女性を探すのに夢中だったところを、お釈迦様の一言で、我に返ることができました。まずは、心を静め、落ち着き、自分の心と向き合うことが大切です。
 自分の心を冷静に見つめることで、感情的にならずに善悪の判断ができ、何事にもとらわれない心へと向かいます。その心は、仏様の心と同じであり、私たちの目指す心です。
 このように、自分の内面を見つめることで、悟りの境地へと至ることを、仏教では、「内観」といいます。

仏様の心で

 では、毎日の忙しさで、冷静な心をなくしてしまわないよう、心を落ち着けるには、どうしたらよいのでしょうか。
 それは、生活の中で、わずかな時間でも、仏様と向き合う時間をつくることです。お仏壇に手を合わせることもその一つでしょう。長い時間でなくても、一日のうち、ほんの数十秒でも、頭の中から雑念を消し、心静かに仏様の心を感じることが大切です。お釈迦様は、子供から老人まで、いろいろな人に対して、たくさんの教えを説いてこられました。
 感謝の心を忘れず、自分の心がいつも仏様の心でいられるようにしていきましょう。


文・日向 うらら

◀️本棚60 1頁