念佛宗 【念仏宗】無量壽寺|まなびの泉

念仏宗の総合案内 サイト更新日2017年10月1日

HOME > まなびの泉 本棚 > 本棚34 1頁





 皆さんの身近には、犬や猫、草花など、目に見えるものから、微生物などの目に見えないものまで、たくさんの命があります。私たちが生きていく上で、お父さんやお母さん、お友だちには感謝できていても、身の回りの数えきれない命に対して、感謝できているでしょうか。自分勝手な行動で、簡単に命をうばったり、知らず知らずのうちに命を粗末にしたりしていませんか。
 今回は「殺生」について学びます。

毒ヘビの教え


 ある時、お釈迦様は、道の真ん中で数人の少年が集まり、一匹の毒ヘビを棒で叩いているのを御覧になりました。お釈迦様が、
「これこれ、少年たちよ、なぜこのヘビをいじめるのか」
と尋ねられると、一人の少年が、
「毒ヘビは人にかみつきます。私たちはそれが嫌だから退治しているのです」
と答えました。すると、お釈迦様は次のように仰せになりました。
「生きとし生けるものは皆、幸せを求めている。もし、自分の幸せのために誰かを傷つけるならば、その人は幸せになることはできない」



本棚34 2頁▶️