念佛宗 【念仏宗】無量壽寺|まなびの泉

念仏宗の総合案内 サイト更新日2017年11月1日

HOME > まなびの泉 本棚 > 本棚07 1頁




 皆さんは極楽や地獄と聞いたら、どんな世界を思い浮かべますか。
 どちらも死んだ後の世界で、極楽は美しく楽しく幸せな世界、逆に、地獄や餓鬼などの世界は、苦しく恐ろしい世界と、ぼんやり思っているのではないでしょうか。これら二つの世界の大きな違いを、料理の食べ方でくらべた、たとえ話を見てみましょう。

箸のたとえ


 ある修行をされた僧侶が、餓鬼の世界と極楽の世界を見学した時の話です。
 どちらの世界の人々も豪華な食事が並んだテーブルの前に座っていますが、左手はイスに結ばれて使えず、右手には2メートルもある長い箸が結びつけられていました。
 僧侶はこんな箸を使って食事はできないと思いました。思った通り、餓鬼の世界では、食べようとしても、箸が長すぎて自分の口に入れられず、ある者は隣の者がつかんだ料理を無理矢理奪おうとして、ケンカをする始末。いつまでたっても食べることができず、誰もがやせ衰えた餓鬼の姿をしています。
 しかし、次に僧侶が極楽の世界を見てみると、そこでは、みんなが笑顔で食事をしているではありませんか。驚いてよく見ると、極楽の人々は、お互いに向かいの人の好きなものを聞き、長い箸で相手の口に食べ物を運び、食べさせてあげていたのです。

本棚07 2頁