念佛宗 【念仏宗】無量壽寺|まなびの泉

念仏宗の総合案内 サイト更新日2017年11月1日

HOME > まなびの泉 本棚 > 本棚27 1頁




 この一年間を振り返ってみると、色々なことがあったと思います。
新しい友だちと出会ったこと、新しいことを始めたこと、失敗や成功したこと…。
 皆さんは、何を一番頑張りましたか。何か一つでも、やり続けましたか。そして、今年は何をしようと考えていますか。今月は何かに取り組んだ時、それを「続けること」の大切さについて、学んでみたいと思います。

広い空の太陽のように


 お釈迦様は、続けることの大切さを、次のように説かれました。
「雲一つない空で、太陽は全ての暗闇をはらい、赤々と輝く。広い空において、太陽の光が偉大であるように、世の中の様々な道の中で、続けることこそ最も偉大な道である」 
 また、次のようにも説かれています。「あらゆる動物の足跡は、象の足跡の中におさまる。同じように、世の中には様々な道があるが、全て続けることの中におさまる」
 道というのは、私たちが目標や夢に向かって歩んでいく道のことです。
 例えば、剣の道は剣道、書の道は書道と呼ばれます。
 続けるということは、それら多くの道が全ておさまるほどだと仰せなのです。素直、感謝、謙虚など、大切にすべき心が多くある中で、なぜ続けることがそれほど重要なのでしょう。
 あらゆる分野において世界で活躍する人たちは、初めから何でもできたわけではありません。
 目標に向かい、人一倍の努力を重ね、失敗しても、諦めずに挑戦し続けてきた結果、ついに達成できたのです。
 私たち一人一人にも、それぞれ目指している道があるでしょう。それを達成するには、生まれ持った才能ではなく、努力し続けることが大切なのです。


本棚27 2頁▶️