念佛宗 【念仏宗】無量壽寺|まなびの泉

念仏宗の総合案内 サイト更新日2017年11月1日

HOME > まなびの泉 本棚 > 本棚15 1頁




 皆さんは、自分の「死」について考えたことがありますか。
 家族や親戚など、身近な人の死を経験した人はいるかもしれません。テレビや新聞で目にすることもあるでしょう。しかし、自分の死について考えることは、ほとんどないのではないでしょうか。
 この世に生まれたものには、いつか必ず死がやってきます。
 死のイメージというと、怖い、苦しい、不安、といった暗いイメージが強く、考えたくないと思ったり、自分はまだ死なないと、他人事のように思う人も多いのではないでしょうか。

いつかは壊れゆくもの

 お釈迦様は、旅の途中、ひどく体調をくずされたことがありました。別れの時が迫っていると感じた弟子の阿難尊者は、お釈迦様の見えない場所で、ひとり泣いていました。
 そのことをお知りになったお釈迦様は、阿難尊者をそばに呼んで、仰いました。
「やめよ、阿難。悲しむことはない。嘆くことはない。私はあらかじめ、このように説いたではないか。全ての愛するもの、好むものからも別れ、離れなければならないということを。生まれ、存在し、作られたものは、いつかは壊れゆくものであるのに、それが壊れない、ということが、どうしてありえるだろうか。そのようなことはありえないのである」
 お釈迦様は、嘆き悲しむ阿難尊者に語りかけるように説かれたのです。

本棚15 2頁