念佛宗 【念仏宗】無量壽寺|まなびの泉

念仏宗の総合案内 サイト更新日2017年10月1日

HOME > まなびの泉 本棚 > 本棚29 1頁






 皆さんは日頃、お父さん、お母さんが自分にしてくれていることについて、考えたことがあるでしょうか。
 毎日食べるご飯や、洗濯、掃除などの身の回りのことや、必要な物を買うなど、不自由することなく生活できるのは、お父さんやお母さんのお蔭です。
 自分が周りから受けたお世話や、温かな心、いろいろな恵みを「恩」といいます。私たちは、様々な恩を受けて生かされています。
 そして、お父さんお母さんがいなければ、私たちはこの世に生まれてくることさえできませんでした。

父母の恩


 あなたがお母さんのお腹にいた時のことを、お父さんお母さんに聞いてみて下さい。きっと、あれこれと準備を整え、あなたが生まれてくるのを待っていてくれたでしょう。
 そして、あなたが生まれる時、お母さんは想像もできないくらいの痛みを我慢して、生んでくれたのです。
 その痛みは、口では言えないぐらい、ものすごいもので、「青竹を握りつぶすほど」ともいわれています。青竹とは、大地に生えていた、みずみずしく、とても固い竹のことです。それを握りつぶしてしまうくらいの痛みを我慢して、やっとの思いであなたを生んでくれました。
 それだけではありません。あなたのために何度も何度もおむつをかえたり、夜中にお乳を飲ませてくれたり、自分のことなどほったらかしで、あなたを育ててくれました。
 どんなに忙しくても、疲れていても、いつでもどこでも自分のことよりも、あなたを常に思ってくれているのが、お父さん、お母さんなのです。



本棚29 2頁▶️